インプラント治療の種類

インプラントと骨がしっかり結合までは、しばらくの治癒期間が必要とされています。インプラント手術では、本体を骨に埋め込んだ後に感染防止のためを歯ぐきを縫い合わせます。ですので、治癒期間中は歯ぐきの中にインプラント本体が完全に入り込んでいることになります。その後、2回目の手術が行われるのですが、この手術では歯ぐきを切開してインプラントの頭を出し、人工歯のための土台を連結します。


近年は、2回目の手術をしなくて済む方法も広まっているようです。この方法では、インプラント本体と人工歯の連結部分が一体化したもの、もしくは粘膜を貫通する部品を使い、手術後はインプラントの頭が歯ぐきから出ている状態になります。そのため、インプラントの頭を出す手術が不要となるのです。


また、治癒期間が2回法より短縮されるというメリットもあるそうです。インプラント本体に、骨との結合を促進させるための素材をコーティングするなど、使用する材料や技術の工夫により短縮化が可能になっているといいます。2回法は手術や通院の回数、治療期間など手間の面では劣っているかもしれませんが、時間をおくことはインプラントと骨がより強固に結合するための条件だと考えられているため、悪いことばかりではないと思います。


おそらく、みなさんはとっては手術の回数が少なくて治療期間が短いほう良いと思うでしょう。しかし、遠い将来のことを考えるのであれば、目の前の負担だけでなく、さまざまな観点から治療方法や歯科医を選びましょう。