入れ歯での食事

入れ歯は人工物です。したがって、慣れるまでの間は異物感が味覚に影響を及ぼすことも考えられます。


人間は舌で味覚を感じますが、食べ物を味わうときには、舌だけでなくあごの粘膜で触感や温度を感じているそうです。このため、総入れ歯にした人は食べ物がおいしく感じられなくなるケこともあるかもしれません。


しかし、最初は「おいしくない」と感じられたとしても、少しずつ慣れていく可能性はあります。入れ歯にしなければよかったなどと思わずに、ポジティブな気持ちで使うことを心がけることが大切です。それでも気になる入は、症状を歯科医に話してみてアドバイスをもらってみてはいかがでしょうか。


一般に、歯科医院で保険が適用されるレジン床義歯よりも自由診療の金属床義歯の方が、食事がおいしく感じられるといわれています。また、義歯の中でも食事がおいしく感じられる入れ歯もあるそうです。義歯床がシリコーンでできた入れ歯や、床に目に見えない細かい穴が開いた入れ歯などが代表的なものです。


入れ歯だとせんべいなどの硬いものが噛めないのではないかと考える人がいると思います。確かに、せんべいを噛んで痛くなるケースもあるようですが、それは上下のかみ合わせが合っていないことが原因だと考えられます。おそらく、歯ぐきと入れ歯の間に、せんべいのかけらが挟まっているのでしょう。


しっかり調整すれば、入れ歯でせんべいを噛むことも不可能ではありません。入れ歯での食事に不具合を感じた場合は、歯科医に相談して入れ歯を調整してもらうと良いと思います。