入れ歯洗浄剤

通常の使用に伴う汚れであれば、日々の手入れをきちんとしておくことで、汚れを落とすことは難しくないと思います。入れ歯用の洗浄剤には、さまざまな種類があるので使用目的に合わせて選ぶとよいでしょう。


ただし、入れ歯の使用期間が長い場合は、コーヒーや茶しぶの色素、たばこのヤニ、たんぱく質などの汚れがこびりついているかもしれません。このような状態だと、入れ歯洗浄剤を使っても、汚れが落ちづらいことが考えられます。
この場合の対策としては、超音波洗浄器が挙げられます。水や中性洗剤を薄めた液につけ、数分洗えばある程度汚れが落ちます。ただし、使い方によっては入れ歯を傷つけていることもありますから、事前に医師に確認してみるといいでしょう。


入れ歯に違和感が生じる原因にはいくつかあります。代表的なものは歯ぐきの形と合っていない、かみ合わせが不安定などといったことがあると思います。人によって違和感を抱く基準は変わってきますので、入れ歯自体の状態が同じだとしても、何も思わない人もいれば不自由気になって仕方がないという人もいるはずです。


入れ歯は人工物ですから、自分の歯より機能が劣ってしまうのは仕方がない部分もあります。入れ歯に違和感はつきものだというくらいに考えておいた方がいいかもしれません。


入れ歯をつくった直後はリハビリ期間のようなイメージを持っておくとよいでしょう。歯が欠損して人工の歯を入れているのですから、慣れるまでに時間がかかるのは自然なことです。