入れ歯選び

保険診療の場合、入れ歯治療の方法や素材といったものが限定されていることがあるそうです。したがって、自由診療のほうが、患者にとっては選択肢が多いといえるでしょう。


また、保険診療では作り直しができないことがほとんどであるため、一発勝負になりがちです。一方、自由診療では気の済むまで相談や説明を聞くことができます。さらに、試作品を使ってみたり、作り直しをしたりすることもできるそうです。


ただし、選択肢が多いから良いというわけでもありません。自由診療で素材ばかりにこだわり、治療行為をないがしろにするような歯科医院は、避けた方が無難だと思います。自由診療の入れ歯は数万~数十万円、なかには数百万円もするものもあるなど、価格の幅も非常に広いです。


保険診療ではいい入れ歯が作れないかというと、必ずしもそうではありません。入れ歯づくりの技術が高い歯科医であれば、自分に合う入れ歯をつくってもらえる可能性はあります。また、保険診療の入れ歯は2万円程度といわれていますのて、まずは保険診療で作ってみるというのも一つの方法でしょう。


みなさんの中には、キラリと光る金歯がお金持ちのイメージという人がいるのではないでしょうか。実は、高価な材質の入れ歯は、見た目だけでなく、体にも良い面を持ち合わせていることがあるそうです。たとえば、純金は金属アレルギーが起こりにくいほか、プラーク(歯垢)の沈着も少なくする効果が期待できます。また、セラミックと組み合わせれば、自然な歯の色を再現したものをつくることが可能だといいます。