歯の素材

見た目を考えたとき、多くの人が気にするのは前歯なのではないでしょうか。前歯に使用するかぶせ物は、歯と似た色をした硬質レジン(歯科用プラスチック樹脂)であれば保険が適用されるそうです。しかし、レジンは水を吸いやすいため、長期間使用すると変色するおそれがあるというデメリットもあります。


見栄えや強度といった機能の面を重視するのであれば、セラミックをベースにした歯にするといいかもしれません。ただし、この場合は自由診療になります。見栄えや強度などの機能面を考えると、奥歯の場合、金銀パラジウム合金(銀歯)は保険が適用されますが、セラミックやメタルボンド、ゴールドクラウンなどは保険の適用外になるそうです。歯科医院によって治療費にはさがありますが、高額になるケースも少なくありません。


見栄えを考えた時に、白い歯が良いと思う人がほとんどだと思いますが、金、銀の合金、チタンなどの金属は、加工しやすいという特徴があります。また、口の中での酷使に耐えられる強度があり、安定性を得られるというのもメリットでしょう。歯科医とよく相談してどのような素材があるのか、メリットとデメリットを知ることがまずは大切だと思います。もちろん、治療費もあわせて確認しておきましょう。


保険が適用される歯科用プラスチック樹脂のレジンは、時間が経つにつれて変色することがあるといいます。セラミックであれば、年を経ても変色する可能性が低いそうです。