矯正治療を始める前

虫歯や歯周病の治療を終わらせてから、矯正治療を行います。矯正治療を始める前には、まず歯の模型や写真、それに歯と横顔のレントゲンなどを撮って、診断し治療方針を決定します。その際、虫歯や歯周病にかかっている歯がある場合は、かかりつけの一般歯科クリニックに依頼して、虫歯や歯周病の治療を終わらせてから、矯正治療を開始することになります。虫歯や歯周病も程度がありますが、矯正治療前にきちんと治療が終われば、矯正治療ができないことはまずありません。差し歯でも、形がアンバランスだったり、根の部分に病気があるような特別なことがない限り、そのままで矯正治療ができます。ただし、治療後に歯茎の状態がかわってくることがあったり、また、他の歯との色調の不調和など、見かけの審美的なところが気になる場合には、治療後につくり・かえる必要が出ることが多々あるといいます。それは、矯正で歯がキレイになると、それまで気にならなかったところが気になりだし、さらにキレイにしたいという前向きな気持ちになるためのようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です